Representative [rèprizéntətiv]

昨今、ネット社会において、技術革新が進み、多くのすぐれたIT製品・サービスが提供され、情報があふれています。

その中で、ITの利用者が限られた時間、人員で、最適なものを導入、活用していくことは、ますます難しくなってきています。誰に、どのように相談すれば良いのかも手探りの状態です。このような場合に、RepStyleは、利用者の相談窓口となります。利用者の代わりに考え、行動し、ITの導入、活用を支援いたします。

また、ITの提供者も問題を抱えています。経験者、人材育成の不足により、利用者の要望を的確に把握して、多くのIT製品・サービスの中から最適なものを提供することが容易ではなくなってきています。このような場合に、RepStyleは、提供者の代わりに経験、ノウハウを補い、利用者へ提案する立場として、提供者の営業活動を支援いたします。

さらに、ITを活用した新規事業や新しいIT製品・サービスを企画する場合、RepStyleは、企画者に代わり、知識、経験、ノウハウを発揮し、成功に導くために企画の立案、実践を支援いたします。

Repとは、Representative [rèprizéntətiv] の略で、代理、代表の意味を持ちます。RepStyleは、ITの利用者、提供者、企画者の代わりに、Repという視点で、IT活用を考える企業の経営課題を解決いたします。そして、ITをいつでも、どこでも、誰でも使える環境を作り上げ、もっと身近なネット社会を創造し、発展に貢献します。

IT利用者向け
プロジェクトRep
IT提供者向け
セールスRep
IT企画者向け
プランニングRep
Mission
Vision

時間が限られている、人員が少ない…

経験者が不足している、人材を育成できていない…

情報が集めきれない、ノウハウが蓄積できていない…

​などお困りではありませんか?

京都市下京区中堂寺南町134番地

​京都高度技術研究所 8F

お問い合わせ